「被災地にクライマーを送る会」です。岩手県宮古市のお勧めと、北上の山をご紹介します。


by climber311

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3月12日、早池峰山に行ってきました。
前日は震災の慰霊祭とボランティアに参加。12日の朝、起きてみるとだいぶ雪が積もっていて躊躇。でも行くだけ行ってみようと宮古のボランティアセンターを出発。門馬から出発したのは8時30分だった。
e0264385_1335553.jpg

門馬の集落の林道に車をおいて、登山靴に「フリートレック」を履いて出発。
e0264385_1354333.jpg

長い林道を1時間歩くと、夏の登山口に到着。つぼ足だと倍はかかるだろう。
e0264385_1371930.jpg

天気予報では、この3日間は雪マーク。でも予報に反して晴れている。でもこれは疑似晴天。多分午後には崩れるだろう。
e0264385_1392897.jpg

橋が流されて通れない?わしは初めから橋などあてにしてないから、そのまま進入。
e0264385_141767.jpg

登山道に入り、早池峰の山頂付近が見えました。
e0264385_1421213.jpg

いよいよ早池峰の山腹に取り付くところには、鳥居があります。ここまで約2時間半。
e0264385_1432970.jpg

かんじきで一人ラッセル。このコースに、ほかの登山者が進入した形跡は全くなく、赤布が頼りだが分かりにくい。もう地形図と地形を読んで進むしかないが、ラッセルがきつい。
e0264385_146868.jpg

14時30分。山頂はすぐそこだが、雪が本降りになってしまい、振り向くとトレースがどんどん消えていく。「こりゃ、駄目だ」。すぐに引き返すことにしました。
e0264385_1474750.jpg

最終到達点は山頂直下。でも引き返さないといけない場合もある。帰りは登山靴が壊れ、フリートレックのソールがはがれ、散々な目に遭って、車に戻ったのは18時でした。
[PR]
by climber311 | 2012-03-12 03:00 | 北上の山

銭湯「福島湯」

我々ボランティアが一日の汗を流すのが、センターの裏手にある銭湯「福島湯」。
震災直後は被災してお店をすぐに修復して無料で開放。その後は地元のお客さんや、我々ボランティアの憩いの場になっています。建物は古いけど、手入れの行きとどいたお風呂で癒されます。港が本格的に復旧すれば、漁師さんたちでにぎわうのかなあ。
e0264385_2332455.jpg

[PR]
by climber311 | 2012-03-11 02:28 | 宮古名物

「千」で晩酌


宮古で一杯やるとなると、やっぱり海鮮でしょうが、日曜日の夜はあまりお店が開いていない。でもこの「千」は営業してました。
この日は地ものの刺身をつまみに一杯(何杯か忘れたけど)やりました。名前は忘れたけど、おいしい岩手の日本酒がありました!
どちらかというと入りやすい居酒屋で、地元の海鮮以外にも、おつまみメニューが豊富です。画像は地ものの刺身。
e0264385_224577.jpg

[PR]
by climber311 | 2012-03-11 02:18 | 宮古のグルメ情報
知る人ぞ知る!というか誰でも知っている「かもめの玉子」。しかしこれは季節限定のイチゴ味です。「かもめの玉子」は被災地大船渡市の銘菓。
イチゴバージョンは、周りのコーティングがイチゴ味になっているのと、卵の黄身になる餡にイチゴジャムが仕込まれています。
ちなみにその隣にあるのは、盛岡名物の冷麺。しかも缶詰です。
e0264385_224124.jpg

[PR]
by climber311 | 2012-03-11 01:57 | 宮古のお土産

「たらふく」のラーメン

宮古の市街地、「たらふく」のラーメンは絶品!あっさり系のなんとなく懐かしい味がするラーメン。
メニューは「中華そば」しかないので、お店に入るなり「一つ!」とか「二つ!」って注文してから順番を待つ。この作法を知らないと、どんどん割り込まれてしまうのでご注意を。地元のお母さんがやってるのかな?ボランティア仲間では知らない者はいないお店です。
e0264385_1555930.jpg

e0264385_1561692.jpg

[PR]
by climber311 | 2012-03-11 01:50 | 宮古のグルメ情報